親知らず抜いたほうがいい?|手嶋歯科医院|福岡市博多区の一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科

〒812-0883 福岡県福岡市博多区南本町1丁目3-10
TEL092-582-2297
WEB予約  Instagram
ヘッダー画像

ブログ

親知らず抜いたほうがいい?|手嶋歯科医院|福岡市博多区の一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科

親知らず抜いたほうがいい?

「親知らず=抜く」そんなイメージがあるのではないでしょうか。

必ず抜かなきゃいけないものではありません。ですが、抜いたほうがいい親知らずもあります。

いくつか例をご紹介します。


真っすぐ生えている親知らず

しっかり生えていて、奥歯が噛み合っている親知らずであればまず抜く必要はないでしょう。一番奥の歯なので磨きにくく、汚れが溜まりやすいため虫歯になりやすい箇所ではあります。ご自身でのケアと定期的に歯医者さんでクリーニングをしてもらいながら、経過を見てもらいましょう。


【親知らずが歯ぐきの中に埋まっている】

 

歯ぐきの中に完全に埋まっている場合、今すぐに抜かなくていいでしょう。歯医者さんでレントゲンを撮ってみたら、親知らずがあったんだと言われる方も少なくはありません。自覚症状がない場合がほとんどですのでそのままでも良いでしょう。


【親知らずとその手前の歯が虫歯になっている】

親知らずが斜めに生えていて、歯ブラシが上手く届かず手前の歯も虫歯になってしまっています。この場合手前の歯のむし歯治療するにも親知らずが邪魔になってしまうので、親知らずを抜いてからむし歯の治療をしたほうがいいでしょう。


【親知らずの頭が見えていて歯ぐきの隙間から汚れが溜まり腫れている】

親知らずが歯ぐきから少し頭を出している状態です。この場合、親知らずと歯ぐきの間から汚れが入り込み、歯ぐきの腫れ・痛み・むし歯の原因なります。お薬や洗浄することで一時的に炎症は落ち着きますが、繰り返すことが多いので、親知らずを抜く方が多いです。

 


症状がある状態で放置しておくとトラブルの原因にもなりますので、気になる方は歯科医院で検査をしてもらいましょう。

歯を抜く=痛い・腫れるなど嫌なイメージがあって中々積極的にはなれないと思いますが、もし抜歯を考えているのであれば若いうちのほうが断然おすすめです。

10代~20代は傷の治りも早く、痛みや腫れが長引きにくい傾向があります。一方で30・40代以降になると、歯周病の方が多く抜いた後の穴のふさがりに時間がかかることもあります。また歯と歯の周りの骨がしっかりしているので抜く時間もかかります。年齢が上がるにつれてリスクは増えるのも理由の一つとなります。

もちろん生え方や個人差はありますが、若いうちに抜いておくほうが良いでしょう。

 

症状がある方は早めの受診を、症状がなく最近歯医者さんに行っていないな~という方も、検診でお口の中全体をチェックしてもらいましょう。

当院では、レントゲン・CT撮影できる設備が整っておりますので、お近くの方はぜひお越しください。

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

〜安心・安全なやさしい歯科医院〜

手嶋歯科医院

8120883 福岡市博多区南本町1-3-10

TEL 092-582-2297

最寄駅 西鉄大牟田線  雑餉隈駅

    JR鹿児島線    南福岡駅

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈